災害用品見直し。

1月17日、阪神淡路大震災から20年でした。
私は当時も大阪に住んでいましたが、幸い被災しませんでした。
でもこれから来る南海地震には、備えておかなくてはなりません。

毎年1回、防災用品の見直しをします。
非常食の賞味期限をチェック、ストック用の電池を新品と入れ替えるなど。
アルファ米以外の非常食、飲料水は新品を買った分だけ消費する方式にしているので、賞味期限が切れることはなさそうです。
今年は去年まで入れてあったオムツを抜いたのと、次男のための抱っこひもを処分しました。

そして今年初めて、長男と大きな地震が起こった時のための、打ち合わせをしました。
私たちの地域では、地震が起こった時は中学校が避難場所になっています。
なので、一緒に歩いて中学校まで行ってみました。
お家にみんな一緒にいるときは、一緒に中学校に行こう。
もしかしてお母さんとはぐれてしまうかもしれない。そんな時はひとりでも、弟とふたりでも、ちゃんと中学校に行きなさい。そうしたら誰かが必ず助けてくれるから。
学校に行っている間に地震が起きるかもしれない。
その時は避難訓練の通りに、先生の言うことをちゃんと聴いたら大丈夫。
先生と一緒に小学校にいるか、先生が中学校に連れて行ってくれるから、そうしたら弟とも会えるから。
お母さんはバスが動かないと、お仕事のところから歩いて帰らないといけなくなるから、なかなか帰ってこられないかもしれないけど、何時間かかっても何日かかっても(歩いても1時間もかからない距離ですが)ぜったいに迎えに行くから、心配しないで。
それまでは、あなたが弟のことをしっかり守ってあげてね。周りの人が必ず助けてくれるから。

長男は、力強くうなづいていました。
私はもちろん命がけで子どもたちを守るけれど、
この子なら、私に何かあっても、きっと弟の手を引いて、強く生き延びてくれるはずです。


それから、収納の奥の方に入れてあった災害用品を、息子にも取り出しやすくするべく、整理しました。
※before※奥の段ボールに入れてあった災害用品を・・・
f0293254_22505016.jpg

※after※左下の衣装ケースに移しました。
f0293254_22504373.jpg


f0293254_2250225.jpg

息子と一緒に点検しながら入れました。

f0293254_22503155.jpg

みず、たべもの、ランプ、トイレ
何が入っているか忘れないように、ラベルテープも貼っておきました。


非常用持ち出し袋はすでに持ちだして車のトランクに積んであり、車にも水と食料と毛布を積んであります。
(車のキーを持ち出し忘れないことを祈ります・・・)


怖がりで心配性な長男は、地震が来ることに怯えていますが、こればっかりは「大丈夫、気をつけていたら起きないいよ」とは言ってあげられません。
だから起こった時のための備えを一緒に確認したり、起こった時にどうするか前もって話し合っておくことで、少しでも不安がぬぐえたらいいな、と思います。


おかげ収納も使いやすくなって、一石二鳥でした。
そんな休日でした。




読んでいただきありがとうございます!
↓ブログランキングにも参加しています♪
↓「読んだよ♪」のしるしに、クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by maittoco | 2015-01-18 23:49 | 暮らしのこと | Comments(2)
Commented by hana. at 2015-01-19 18:40 x
田舎暮らしは車移動が基本なので、私も車に乗りますよ。maittocoさん、車も所有されていたんですね!
私は保育所の送迎と日常生活で必要なので、毎日運転していますが、近年、少し離れた場所となると不安で親に同乗してもらうか、本当に優れないときは運転を任せてます。
今年、徐々にでももう少し運転を楽しめる距離が広がればいいな、と気長に構えてます。
来月、離婚して1年になります。くよくよした気持ちがようやく。少しだけ。解消してきました。
Commented by maittoco at 2015-01-20 22:14
hana.さん。
私のあたりも車がないと不便なので、手放せません!
維持費がかかりますが・・・(涙)
私は道が覚えられないので、カーナビに頼りまくった上、ナビされてるのに道に迷ったりする始末です。
体調の悪いときは無理なさらず、少しずつでも気分が晴れて、生活を楽しめるようになるといいですね^^